ヘッダー画像

キレない子どもにするには、乳幼児期の運動あそびが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の時代の子ども達は、昔の子ども達に比べて

脳の前頭前野の発達が遅れています。

そのため、感情や行動をコントロールすることが苦手で、

すぐにキレる・荒れるという姿が多くなっています。

 

私達こどもプラスでは、子ども達の心・身体・脳を鍛える

柳澤運動プログラムを幼児期・児童期の子ども達に提供しています。

運動によって筋肉から脳に多くの刺激を与え、

友達と一緒に行なうことで、脳の抑制と興奮をコントロールする

機会を増やし、前頭前野の活性を高めることができます。

 

その柳澤運動プログラムから「動物のフープ渡り」をご紹介します。

複数のフープを用意し、少し間隔をあけながら並べます。

そして、フープに当たらないように気をつけながら、
クマ歩きやカエルジャンプ、カンガルージャンプなどの
動物の動きで進んでいきます。

まずはクマ歩きから始めるのがおすすめです。

 

フープ同士の間隔が空いていることで

空間認知力を養うことができますが、

あまり間を空けすぎるとバランスを崩して
転んでしまうことがあるので気をつけます。

難易度調節はフープの間隔だけでなく、

ジグザグに進んだり、障害物をまたいだり、

複数の色のフープにして入っても良い色を指定したり

することで行なっていきましょう。

 

フープだけでなく、小さく切ったヨガマットなどでも

同じように遊ぶことができます。

また、フープが複数ない場合は

市販のゴムホースを切って作ると、

大きさの調節も自由にできて、数もたくさんできるので

とてもおすすめです。

 

 

子ども達の興味をひくようなアレンジをたくさん考えて

提供していってください。