ヘッダー画像

ワーキングメモリは運動によって育てやすいといわれています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

ワーキングメモリは一時記憶と呼ばれるもので、

日常生活を送る上でも必要な能力です。

宿題をやっている時に周囲の雑音を遮断して

集中してやり続ける力や、

必要な物を記憶しておいて買い物をする時、

人と会話をする時にも使います。

 

このワーキングメモリを鍛えるには、運動が効果的です。

ただ何となく体を動かしていれば良いのではなく、

頭を使って考えながら運動をすることが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

考えながら体を動かしたり友達と協力しあったりすることで

子ども達の心・体・脳を効果的に育てていきます。

 

柳澤運動プログラムの「忍者の平均台渡り」をご紹介します。

平均台の上を、つま先歩きで静かにゆっくり渡っていきます。
速く歩くことよりも、忍者のように音を立てずに

静かに歩くことを意識します。

 

足場が狭く高さのある場所を歩くので、

落ちないように足元ばかりを見てしまう子がいますが、
下ばかりを見ていると背中が丸まって

かえってバランスを崩しやすいので、
目線は足元と数メートル先の両方に向けながら歩くように促します。

 

バランス力や集中力、身体コントロール力、
空間認知力などが育つ遊びです。
苦手な子には難易度を調節したり、隣に寄り添って

手をつなぐ補助をしながら行なうことで

安心してできるようにしていきます。

怖がっているのを無理にやらせることだけは避け、

少しずつ挑戦していけるようにしていってください。