ヘッダー画像

運動不足により怪我の増加や体力の低下が続いています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

近年の子ども達の姿では、

学校の集会などで立っていられない、

授業中机に肘をついたりすぐに突っ伏してしまう、

椅子に姿勢よく座っていられない、

転びやすい、怪我が多い、いつも疲れている、

といった子ども達がとても増えています。

 

子ども達の心と体を健康にするためにも、

思いっきり体を動かして遊び、早寝早起きにつながるように

大人からの働きかけが大事になると思います。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムでは、

多種多様な動きを経験し、今の子ども達に必要な力を

効率的に身につけていけるようにしています。

 

柳澤運動プログラムの中から「片足引きずりクマ」をご紹介します。

子ども達は、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢から、

片方の足だけを後ろに伸ばして引きずりながら歩きます。

片足をびっこをひくようなイメージで歩き、

顔は下を向かずに顎を開いて前を向きます。

クマさんが片方の足を怪我してしまったという設定で

先に指導者が見本を見せておくとイメージしやすくなります。

 

歩く時は、先に両手を前に出してから、

ついている方の足を少しジャンプするようにして進むと良いです。

腕で体を支える支持力や身体コントロール力、

体幹の筋力などが育ちます。

また、片足を引きずるときに怪我をしたクマさんを

イメージすることで、イメージ力も養うことができるので、

子ども達が参加したくなるようなストーリー設定、

導入の仕方をすることがポイントです。

 

クマ歩きや片足クマ歩きは腕の支持力が強く育つので、

継続していくことで顔や頭への怪我が大幅に減ります。