ヘッダー画像

鬼ごっこは知力も体力も向上するとても良い遊びです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

昔ながらの遊び「鬼ごっこ」は、誰もが一度は経験したことが

ある遊びの1つだと思います。

鬼ごっこは遊びとはいえ、子どもの知力も体力も育てる

とても優秀な遊びです。

 

「逃げる」「追いかける」というシンプルなルールなので

小さい子でも遊べて、逃げる方も追いかける方も全力で走るので

かなりの運動量が稼げ、基礎体力がつきます。

また、みんなが動いている状態で常に鬼の位置を確認しながら、

友達とぶつからないように逃げる必要があるので、

先を読む力や空間認知力、そして社会性が育ちます。

 

さらに、こうした集団遊びでは友達同士のトラブルもつきものです。

そのときにすぐに大人が口をはさまないようにし、

自分達で話し合って解決していけることで

コミュニケーション能力や問題解決力も養うことができます。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムにも

いろいろな鬼ごっこを取り入れています。

その中から「手つなぎ鬼」をご紹介します。

鬼に捕まった子は、鬼と手をつないでいきます。

 

捕まえる度に鬼の長さが長くなるので

捕まえるのには有利になりますが、

1人1人が自分勝手に動こうとすればスムーズに

動くことができず、手も離れてしまいます。

 

作戦会議の時間も作りながら、子ども達の社会性の育ちを

意識した取り組みをしていきましょう。