ヘッダー画像

子ども達の社会性は育てなければ身に付かない力です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の子ども達には、

人の動きに合わせたり人の真似をして動くという経験が必要です。

そういった遊びの中で相手の立場になったり、

相手の気持ちを考える、相手を思いやるということが身に付いてきます。

このような社会性の発達は、成長とともに自然に身に付くものではなく

幼児期からの人との関わり、経験から学んでいくものなので

しっかりと促していくことが大切です。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

「電車歩き」とそのアレンジ遊びをご紹介します。

まず指導者を先頭にして一列に並びます。

前の友達と少し間を空けてぶつからないように、

両腕は電車の車輪のように体の横で動かしながら歩きます。

 

前の友達との距離を一定に保ちながら動くことで、

社会性や集中力、空間認知力が養われます。

 

ただ歩くだけではつまらないので、

途中から後ろ向きになったり、8の字を描くように歩いたり、

障害物をくぐる、1回タンバリンをタッチする、

動く→止まるを繰り返すなどのアレンジがおすすめです。

アレンジによって、上記の力の発達をより強く促すことができます。

 

シンプルな遊びはいろいろなアレンジがきき、

自分達だけの遊びを作り出していくことができます。

子ども達と一緒に楽しい遊びを考えてみてください。