ヘッダー画像

子どものボディイメージを高め、動ける体を作ります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

1歳や2歳頃の小さい子どもは、自分の体のボディイメージが弱いので

足の先がどこまであるか、肩幅がどのくらいかなどが

目に見えないとわかりにくく、

よく物につまづいたりぶつかったりします。

 

成長と共にこの能力は養われてきますが、

今の子ども達の中にはこのボディイメージができにくい

子ども達がとてもたくさんいます。

 

ボディイメージを高めるためには、

手の先、足の先まで意識して動かすことを

日常的に取り入れていくのが効果的です。

 

 

柳澤運動プログラムの「カップタッチワニ」をご紹介します。

まず床に複数の色のカップを間を空けて並べておきます。

子ども達は床にうつ伏せになり、胸までしっかりつけたら、

両手はバンザイのように前に出します。

そして、両手を交互に前に出して体を引き寄せるようにして進み、

好きな色のカップをタッチしていきます。

 

最初は手の力だけは進みにくいので、

足も開いて指先で地面を蹴るようにして進みます。

この時、目に見えない足の先までしっかり意識するようにします。

 

2回目からは、タッチするカップの色を指定します。

「いちごの色」「赤と黄色だけ」「先生の服と同じ色」

「黄色→赤→青の順番で」「青以外」など

いろいろな言い方で指示を出し、語彙力やイメージ力、

記憶力なども刺激していきましょう。

 

ワニさんなので、えさを食べに行くという設定もおすすめです。

子ども達が興味を持って自主的に取り組めるように、

導入やストーリー設定なども工夫してみてください。