ヘッダー画像

幼稚園保育園時代に比べて小学校では運動量が減ります! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園や幼稚園での生活は、一日中体を動かして遊んだり、

天気の良い日には近くの公園まで遊びに出かけたり、

家に帰ってからも近くのお友達と遊んだり、

毎日パワフルに遊んでいることが多かった子ども達ですが、

小学校に入ると椅子に座った活動が多くなります。

 

最近は学習指導要領の変更もあり、授業時間も増えています。

そんな生活の中で、子ども達の運動量は意識しなければ

どんどん減ってしまい、運動不足や肥満も気になってきます。

 

幼児期からしっかりと運動の習慣をつけておくことが

その後の成長においても重要になるので、

まずは運動を好きになれるように働きかけていくことが大切です。

 

 

こどもプラスでは、幼児期の子ども達に最適な

柳澤運動プログラムを提供しています。

その中から「スタート&ストップ」をご紹介します。

「スタート」で動き、「ストップ」で止まります。

「動く」「止まる」という動きを繰り返し、

前頭前野の活動を育てる遊びです。

合図に合わせて動くためには、

動きながらでもしっかり合図を聞けることと、

合図の言葉を理解していることが大切になります。

 

「聞く」力は生活のあらゆる場面でも

必要不可欠な能力なので、遊びで効果的に身につけていきます。

 

また、止まる時につま先に力を入れてぴたっと静止することで

足の指先の踏ん張る力が育ち、

地面をしっかり蹴ることができるようになるので、

かけっこで速く走ることができるようになります。

 

動く、止まるの動きのメリハリがはっきりつくように、

指導者が大げさに見本を見せながら、

楽しく取り入れていくようにしてください。