ヘッダー画像

子ども達の姿をよく見ることがより良い活動の提供につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは、楽しくなると興奮して周りが見えなくなったり、

 

人の話に耳を傾けることが難しくなりますが、

教室での製作活動や課題の時間、運動の時間、

課外活動の時間など、日常の中で子ども達にしっかり話を

聞いて欲しい場面はたくさんあります。

話を聞かなければやり方がわからくなるだけでなく、

怪我にもつながってしまいます。

 

子ども達に話をする時は、こちらに注意を向けるように

タンバリンなどを使ったり、わざと小さい声で話したり

ジェスチャーを使ったりするのもおすすめです。

また、その日の子ども達の様子によって

内容を変えたりアレンジする臨機応変さも大切になります。

 

運動あそびを提供する時もそのようなことに気をつけて

提供していきます。

柳澤運動プログラムから「グーパー跳び」と

そのアレンジ遊びをご紹介します。

 

床には2本の線を引いて線路を作っておきます。

その線の中には、足を閉じて

両手は肘を曲げて胸につけたグーの姿勢で入ります。

次は線の外側に足を開いてジャンプし、

両手はまっすぐ伸ばして広げたパーの姿勢になります。

これを繰り返して進んでいくのが「グーパー跳び」です。

リズム良く、スムーズに進めるように繰り返しましょう。

 

慣れてきたらグーの時にしゃがみ、

パーで大きなジャンプができるようにしたり、

パーの時に体を半回転させてみたり、

横ジャンプをするような動きを混ぜていくと、

かなり体幹を強くしていくことができます。

 

体幹の力は全ての運動や、日常生活のあらゆる場面で

必要になる大事な部分です。

筋肉も脳も使えば使っただけ成長してくれるので、

継続的な取り組みでしっかりと刺激し、

育てていくことが大切です。