ヘッダー画像

幼児期は特定の運動よりも運動あそびによる多様な動きの経験が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の運動が子どもの成長発達に必要と言われた時、

習い事で運動しているから大丈夫と思われる方もいますが、

必ずしもそうではありません。

特定の動きを繰り返すことでは、

運動量は稼ぐことができますが、

幼児期に身につけるべき多様な動きが経験できません。

 

幼児期に必要なのは、運動技術や筋力ではなく、

巧緻性や敏捷性です。

体を動かして遊ぶことで、運動を好きになり、

自発的に体を動かす習慣を身につけていくことが大切です。

 

 

柳澤運動プログラムの「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を複数用意して並べておきます。

低い→高い、高い→低いの両方を体験できるようにし、

跳び箱が足りない場合は丸めたマットなどで代用します。

そして、その上をジャンプして渡っていきます。

 

速く渡ることが目的ではないので、

勢いに任せて進むのではなく

1つ1つの跳び箱を確実に渡っていくようにします。

慣れてきたら跳び箱同士の間隔を少し広くして

挑戦していきましょう。

 

また、高さが怖くて背中が丸まってしまうと

バランスを崩しやすくなるので、

下ばかりを見ずに目線を上げて行なうように促します。

隣に寄り添って手をつないであげる補助も

必要に応じて行ないながら、楽しくできるようにしましょう。