ヘッダー画像

運動と学習を組み合わせることが学力を上げるポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

進学、進級をして、気持ちを新たに学習にも向かう時期ですが、

子どもの集中力は特に短いので、学力を上げようと

1時間2時間机に向かってひたすら勉強をしても、

なかなか効率は上がりません。

 

効率的に学習を進めるためには、間の休憩時間に

体を動かして脳に刺激を与えると、脳が活発に働いて

集中力や記憶力が上がった状態になるので

学習の質がぐんと上がります。

 

運動と勉強をうまく組み合わせていくことがポイントです。

 

 

こどもプラスでは、運動あそびによって体と脳に

良い刺激を与えながら、友達と関わって遊ぶことで

社会性なども身につけていけるように指導をしています。

 

柳澤運動プログラムの「カエルの縄越え」をご紹介します。

1本のゴム紐を床から5cmほどに高さになるように張り、

同じものをいくつか用意して間隔を空けて並べておきます。

子ども達は足を開いてしゃがみ、両手を中についた

カエルの姿勢でジャンプしながら、ゴム紐を跳び越えていきます。

 

カエルの動きは、しゃがんだ姿勢から手足同時にジャンプして

手足同時に着地する動きです。

着地の時に足だけになりやすいので、

両手もしっかりつくように伝えます。

 

障害物(ゴム紐)の位置を視覚でとらえ、

ジャンプの位置や高さ、力の入れ加減などを調整することで

空間認知能力や身体コントロール力が育ちます。

 

急いで行なうと動きが曖昧になってしまうので、

慌てずに1回1回しっかりジャンプし、

自分の体を自分でコントロールする力を身につけます。

 

保育園や幼稚園の年少児はまだ慣れていないので、

カエルの動きを楽しむことができれば

細かいところにこだわらなくても良いので、

まずは楽しく運動あそびができるようにしていきましょう。