ヘッダー画像

幼児期は人生で一番脳が発達する時期です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

外は寒いから、暑いから、服が汚れるから、疲れるから、

といって家の中ばかりで過ごしてはいませんか。

 

小学校に上がる前の幼児期は、長い人生の中で

最も脳の神経系の発達が著しい時期です。

外に出てたくさんの経験をして、基礎体力をつけ、

病気や怪我に負けない強い体にしていくことが必要です。

 

また、異年齢の友達と遊ぶことで子ども達は

しっかりと社会性の土台作りをすることができます。

子どもの成長はあっという間です。

日々の生活を大事にしていきたいものですね。

 

 

こどもプラスでは、運動あそびで子ども達の

心・体・脳の発達を促しています。

その運動プログラムの中から「のれんくぐりクマ」をご紹介します。

 

鉄棒にマットをかけて、布団干しのようにします。

これを2つ3つ用意しておき、

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になり、

顎を引いて頭でマット(のれん)を押しながら進みます。

次のマットに移動する時は、頭を上げて前を見て進み、

くぐる時は再度顎を引いて頭で押して進んでいきます。

 

マット(のれん)をくぐる時、頭のどの位置で押すかで

進みやすさが変わってきます。

額に近い位置で押すとなかなか進むことができませんが、

頭頂部に近い部分で押すと進みやすくなります。

これは、最初から子ども達に教えずに

まずはやってみて、どうやって押したらうまく進めるかを

自分達で考えながらできるようにしましょう。

 

また、手や足の指先にしっかり力を入れて進むことも必要です。

これによって足の指先で地面を蹴る力が育ち、

かけっこなどで速く走れるようになります。

 

周りで見ている子ども達も集中してみることができるように、

意見を出してもらったり、一番上手なお友達を発表してもらったり

子ども達の様子に応じて工夫をすることが大切です。