ヘッダー画像

子どもが自ら考えて行動できるような関わりが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

親は子どもがかわいいあまり、できるだけ辛い思いや失敗を

させたくない、怪我をさせたくないと考えて

つい先回りしてやってあげたり、行動を止めてしまうことがあります。

しかし、それでは子どもは自分で考えて行動し、

経験から学習していくことが何もできません。

 

最近は公園でも危険だからと遊具が撤去されたり、

安全な物だけになっています。

高いところから跳び降りたり、狭い足場を渡ったり、

いろいろな経験ができるように

見守ってあげることも大切なことだと思います。

 

 

こどもプラスでは、子ども達が遊びながら

多種多様な動きを経験することができるように、

全身運動や手先を使った遊びに、認知的な要素を取り入れた

運動あそびで子ども達の発達を促しています。

 

柳澤運動プログラムから「芋虫バランス」をご紹介します。

平均台を2台横にくっつけて並べます。
その上にうつ伏せで乗り、両手両足で平均台の横を挟みます。
そしたら両手両足を使って前に進んでいきます。

腕の引き付ける力や、バランスをとる腹筋背筋などが育ちます。

 

最初のうちは両手両足を使って行ないますが、
力がついてきたら足は平均台の上にまっすぐにして乗せ、

両手の力だけで進んでいくことに挑戦します。
そうすると足には意識が行きにくくなって

落ちやすくなるので、足が下に落ちないように

バランスをとりながら進みます。

これによって腹筋や背筋もしっかり使うことができます。

 

最初に上手な見本と下手な見本をわかりやすく

見せてから行なうと動きのイメージがしやすくなります。

また、途中で上手な子に見本を見せてもらうのも、

その子の自信につながるのでおすすめですよ。