ヘッダー画像

赤ちゃんの脳の発達には五感からの刺激が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達人間の脳は、生後間もない時はまだシナプスのつながりが少なく、

生きていくのに必要な最低限のつながりしかできていません。

その後外界からの刺激を受けて学習し、成長していきます。

 

そして、生まれてから1歳頃までの間は

特に五感からの刺激を感じ取る機能が発達する時期なので

五感を刺激するような働きかけが大切になります。

成長が著しい時期に、しっかり脳を刺激し育てていくことが大切です。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムでは

子ども達の体・心・脳を育てていきます。

柳澤運動プログラムの中から「足を渡るクマさん」をご紹介します。

指導者は床に足を開いて座ります。

子どもは、四つんばいから膝とお尻をあげたクマの姿勢になり、

指導者の足を踏まないように渡ります。

 

1回渡ったら終わりではなく、何往復かしてみましょう。

指導者の足に当たらないように歩くには、

自分の手だけでなく足にも目を配りながら動かす必要があり、

空間認知能力が育ちます。

 

慣れてきたら足を開く角度を狭くしたり、

膝を少し曲げて高さを出したりしてレベルアップしていきます。

スムーズに渡れるように繰り返し遊んでみてください。