ヘッダー画像

幼児期の豊富な経験が子どもの健全な育ちに必要です。 大切脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

近年、日常的に体を動かす習慣がない人の増加や、

子どもの運動能力の低下が問題視されています。

幼児期の体験が豊富な人ほど、

やる気や生きがいを持って豊かな人生を送れるといいます。

できるだけ多くの経験を積むことができるように、

外で遊ぶ時間や運動の機会を増やしていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱ジャンプ」をご紹介します。

跳び箱の上に上ってジャンプをする遊びです。

 

ジャンプは片足ずつバラバラにするのではなく、

両足をくっつけた両足ジャンプをします。

また、ジャンプをする時と着地の時は膝を曲げて行い、

膝のクッションの使い方を身につけていきましょう。

膝を伸ばしたままのジャンプしかできないと、

縄跳びの時に安定せず、連続して跳び続けることができません。

膝の曲げ伸ばしをうまく使えるように練習しましょう。

 

レベルアップは、跳び箱を高くすることだけでなく

着地点を指定することや、着地で静止してポーズを決めることなどでも

目指していきましょう。

 

 

下記からメルマガ登録して頂くと、

日々の保育で役立つ情報をお届けすることができます。