ヘッダー画像

運動あそびで危機回避能力を身に付けましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

生活の中で危険予測をして危険を回避するための

能力を身につけるためには、

外遊びなどの体を多種多様に動かすことができて

多くの経験を積むことができる運動がとても大事になります。

 

体を実際に動かすことで習得していくことができるので、

幼児期からの運動あそびを積極的に取り入れていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムは、

屋内で遊ぶもの、屋外で遊ぶものが豊富にあります。

柳澤運動プログラムの中から

「腕曲げ我慢ゲーム」をご紹介します。

鉄棒に逆手で肘を曲げてぶら下がり、

膝も曲げて体を小さくします。

その姿勢で誰が一番長くぶら下がっていられるか

競争をして遊びます。

 

競争にすることで子ども達は本気を出すことができ、

より効果的に力の発達を促すことができます。

この遊びでは逆上がりに必要な腕を引き付ける力や

腹筋を養うことができるので、

継続的に取り入れていくのがおすすめです。