ヘッダー画像

運動あそびで身に付く力は「生きる力」そのものです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

こどもプラスでは「柳澤運動プログラム」による運動あそびを

子ども達に提供しています。

この運動プログラムを実施していくことで、

体力や運動能力が向上するだけでなく、

新しいことに挑戦する意欲や、

他人に合わせて動いたり友達と協力して遊ぶこと、

問題解決力、感情のコントロール力などが身につきます。

 

乳幼児期から発達段階に合わせた遊びで行なうことで

無理なく楽しく効果的に、子ども達の体と脳と心を

育てていくことができます。

 

柳澤運動プログラムの中から「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

跳び箱の上に両手をパーに開いて肩幅でつきます。

顎を開いて前を向いたら、足を後ろに蹴り上げて

空中で2回足打ちをします。

足打ちは、股関節からしっかり開いて

足裏を打ち合わせるようにします。

 

慣れるまでは指導者が「1,2の3」などの声掛けをし、

タイミングを合わせてあげるとやりやすくなります。

この動きでは、腕で体を支える支持力とバランスをとる腹筋背筋、

高所感覚が必要になります。

跳び箱や側転の上達につなげるためにも、

できるだけ足を高く上げて足打ちができるようにしましょう。

 

ただ、足を上げすぎたり腕の力が弱かったりすると

頭から落下してしまうこともあるので、

必ず補助について安全に行なうようにしてください。