ヘッダー画像

保育園と小学校の生活は大きく変わるので、サポートが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

4月に入り、いよいよ入学の時期になりました。

保育園や幼稚園までの生活と、小学校での生活には

通学、教室、友達、先生、勉強、遊び、掃除、給食などで

大きな違いがあります。

子ども達にとっては未知の世界なので、

楽しみであると共に、新しい環境が苦手な子どもにとっては

不安の大きい時期にもなります。

 

子ども達が1日も早く新しい環境に適応し、

楽しく学校生活が送れるようにサポートしていきましょう。

 

 

こどもプラスでは、運動にも楽しく取り組んでいけるように

柳澤運動プログラムによる運動あそびを提供していきます。

そのプログラムの中から「カメコースター」をご紹介します。

友達と2人組みになり、1人がカメで引っ張られる役、

もう1人はカメを引っ張る役になり、向かい合います。

 

カメの子は、床にうつ伏せになって両足を曲げて

お尻につけるようにし、両手を友達としっかりつなぎます。

引っ張る子はそのまま後ろ向きの姿勢で

友達をゆっくり引っ張っていきます。

いきなり強く引っ張ると手が外れて転んでしまうので

ゆっくりスタートし、相手の様子も見ながら引っ張ります。

 

カメの子は足を曲げて上半身を反らせることで、

腕を引き付ける力や背筋が強く育ちます。

引っ張る子もつま先に力を入れながら進むので、

足の指先の踏ん張り力や腹筋背筋が養われます。

 

2人組みでの遊びは、集団遊びの基礎になります。

ペアを作る時もできるだけ子ども達に任せ、

コミュニケーション能力や問題解決能力の発達を促したり、

相手のことを考えながら遊べるように

大人は見守っていくことも時には大切です。