ヘッダー画像

子どものやる気を引き出す声掛けが運動でも日常でも大切なポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもに関する悩みで「片付けができない」という声をよく聞きます。

片付けが得意な子も中にはいますが、

苦手な子には片付けの時間を決めてあげたり、

収納しやすいように視覚的なものを取り入れて

楽しく片付けができるような工夫をしてみる、

といったことも効果的です。

そして、できたら褒めてあげることも大切です。

 

子どものやる気を引き出しながら、

少しずつ自分で意識してできるように促していきましょう。

 

私達の提供している柳澤運動プログラムの運動あそびでも、

子ども達がやりたくなるような工夫をたくさん取り入れています。

その中から「ポイントジャンプ」をご紹介します。

滑らないようにしたダンボールやヨガマットなどを切って石に見立て、

床に間隔を空けてランダムに配置します。

 

子ども達は忍者カンガルーに変身し、

膝をくっつけたジャンプで石の上だけを

ジャンプして渡っていきます。

石以外の場所は池なので、落ちると敵に見つかってしまいます。

できるだけ足音を立てないようにジャンプしていきましょう。

 

この遊びでは、石と石の距離がランダムなことで

毎回石との距離を測り、ジャンプの大きさや力の入れ具合を計算すること、

どのコースで進んでいけば早く渡れるかや、

着地した後次のジャンプに素早く移行するためには

どんな姿勢が良いかなどを頭の中でシュミレーションすることができます。

 

慣れてきたら石と石の距離を広げたり、

石に色をつけて、乗ってはいけない色を設定したりしながら

少しずつ難易度を上げて遊んでいきましょう。

 

「石から落ちてはいけない」「忍者なので敵に見つかってはいけない」

などの設定が子ども達が楽しく取り組める動機付けになります。

他にもいろいろなアレンジで自分達だけの遊び方を

考えていくのがおすすめです。