ヘッダー画像

入学準備として、たくさん褒めることで自信を持たせてあげましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

いよいよ入学、進級の時期が近づき、

中には精神的に不安定になっているお子さんもいると思います。

そんな時は日々の中でたくさん「褒める」ことで、

子どもに自信をつけさせてあげることが大切です。

 

褒めることは、慣れていないと意外と難しいかもしれませんが、

生活の中のちょっとしたことで良いので、

朝1人で起きられるようになったとか、

鉛筆の持ち方がうまくなったとか、

玄関で靴を揃えられるようになったとか、

日常の中の小さな一歩を見つけてあげて、

具体的に褒めてあげることで子ども達は自信を持つことができます。

 

子ども達が楽しい毎日を送ることができるように、

サポートしていきましょう。

 

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

中から「まねっこ歩き」をご紹介します。

子ども達は、指導者を先頭にして一列に並び、

前の人の後について歩いていきます。

前のお友達につかまったり、離れすぎたりしないように

一定の距離を保って歩けるようにします。

 

そして、途中から指導者がいろいろな動作をするので、

それをよく見て動きを真似しながら歩きます。

両手を横に広げたり、頭の上に乗せたり、

単純で真似しやすいものから始めていき、
前の人について歩きながら指導者の動きを
素早く真似できるようにします。

 

認識力、集中力、判断力、模倣力などが弱い子は、
列から外れてしまったりして上手にできません。
難しすぎると楽しくないので、

最初から複雑な動きを入れないようにしましょう。

 

やり方次第でいろいろなアレンジが可能な遊びです。

慣れてきたら先頭を子どもにもやってもらいながら、

全員が自主的に参加できるように工夫してみてください。