ヘッダー画像

運動あそびは体だけでなく精神面や脳の発達も促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

こどもプラスが提供している柳沢運動プログラムでは、

子ども達の身体面だけでなく、

精神面や脳の発達も促していくことができるので、

成長が著しい幼児期の子ども達に最適です。

 

柳澤プログラムの中の代表的な遊び「カンガルー跳び」は

跳躍力をつける遊びですが、

普段落ち着きのない子や我慢ができない子、

何でもすぐにあきらめてしまう子などにおすすめの遊びです。

 

なぜなら、カンガルー跳びでの両足をくっつけたジャンプの維持は

「速く進みたい」「足をくっつけるのはめんどくさい」

「よくわからないから適当にやろう」というような気持ちを抑えて

「がんばってちゃんとやってみよう」という気持ちに

転換させる前頭前野の力を刺激できるからです。

 

こうした考えに持っていくためには、

「楽しそう」「やってみたい」という気持ちにさせることが大切です。

柳澤プログラムには子ども達を惹きつける要素が

たくさん詰まっているので、

良い循環を作りながら運動あそびを継続していくことができます。

 

 

今日は柳澤プログラムの中から「カンガルーリレー」をご紹介します。

子ども達をいくつかのチームに分け、

カンガルー跳びでリレーを行ないます。

 

速く進みたくて途中で走ってしまわないように

最初に約束をし、途中で声掛けをしながら

全員がルールを守ってできるようにしましょう。

 

競争なので、必ず勝ち負けがついてきます。

最近では勝ち負けをつけない園や学校などもありますが、

勝つことだけでなく、負けることで悔しい気持ちを感じたり

感情をコントロールする力を身につけていくので、

子ども達の成長の上ではとても大切なことです。

 

 

グループをシャッフルしたりルールを追加したりしながら

繰り返し遊び、子ども達の社会性もしっかり育てていきましょう。