ヘッダー画像

幼児期にいろいろな運動の種類を教えてあげることが子どもの可能性を広げます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の子ども達は、いろいろな運動の種類やその楽しさを知りません。

大人側からの提供でたくさんの経験を積ませてあげることで、

子ども達の運動能力を上げ、様々な体の使いかたを

覚えていくことが子どもの体の発達においても大切です。

そして、その中で得意なことや向いているものがあれば、

積極的に力を伸ばしていってあげるのが良いですね。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「手を使わないゆりかご起き」をご紹介します。

体操座りの姿勢から、顎を引いて後ろにごろんと転がります。

そしたら、倒れた反動を使って起き上がります。

 

起き上がる時に手を離して足を伸ばすと

起き上がりやすいので、最初はこの方法で行ないます。

慣れてきたら、体操座りのまま手を離さずに起き上がります。

 

足を高く上げて振り下ろすと回転力が上がり、

腹筋も強く刺激することができます。

ただ、腹筋が弱い子は足を振り上げた後、

かかとを床に強く打ち付けてしまったり、

後頭部を床にぶつけてしまうことがあるので

最初のうちはマットで行なうのが安全です。

 

全身の連動性が高まり、前転や鉄棒遊びの上達につながるので、

運動の時間の準備体操に取り入れたり、

家庭でもやってもらうように声掛けをし、

こまめにできるようにすると良いと思います。