ヘッダー画像

子ども達が運動を好きになれることが一番大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、

運動でもこれが大切なポイントになります。

運動が好きな子は、少し高いレベルのものに直面した時も

挑戦していくことができ、乗り越えることを楽しむことができます。

しかし、運動に苦手意識がある子は少し高いレベルの

ものを見ると、見た瞬間にやる気をなくしてしまいます。

 

運動を継続的に行なっていくためには

好きになることが一番のポイントなので、

子ども達が「やってみたい」と思えるような

楽しい導入方法や声掛けの仕方、ルール設定をし、

いつもスモールステップで成功体験や達成感を

多く感じながらできるように工夫していきましょう。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「指先でカップ運び」をご紹介します。

子ども達は数人ずつのグループに分かれ、横一列に並びます。

そしたら体操座りのように膝を立てて座り、

両手は後ろ側についておきます。

 

一番端の子どもの前にはカップを用意しておき、

そのカップを足だけを使って隣の子に渡していきます。

カップを持ち上げる時は、両足の指先で挟んでも

片方の足の指先だけで挟んでもどちらでも良いです。

 

手ではなく足で行なうことで、

体から遠い位置で操作することになり、

空間認知力が刺激されます。

また、相手に渡す時にはどの位置が受け取りやすいかを考えたり、

相手がしっかり受け取るまでカップを離さないようにしたり、

実際に遊びながらいろいろなことを考えられるように促します。

 

慣れてきたらリレー形式で競争にしてみると、

勝ち負けがつくことで本気で取り組むことができ、

仲間と気持ちを共有することもできます。

こうした遊びの中で、子ども達の社会性もしっかりと

育てていくことが大切です。