ヘッダー画像

体が大きくなる前に柔軟性を身につけておきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラス

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近は体の硬い子ども達がとても多くなっていて、

股関節が開かなかったり足首が硬くて

しゃがみこむ動作ができない子がたくさんいます。

体の柔軟性は、体が大きくなってから柔軟体操をするよりも

小さなうちからの動きの中で獲得していく方が

後の体の使い方が上達するので、

幼児期から意識して体を動かしていくことが大切です。

 

 

柳澤運動プログラムの「しゃがみカニ歩き+障害物」をご紹介します。

平均台の上に横向きに乗ってしゃがみ、

両手を顔の横に上げてチョキにし、カニのはさみのようにします。

この姿勢でしゃがみながら横歩きをします。

 

 

横歩きをすることで足を前後に動かすのではなく

主にひざを横移動させることが必要になり、

体の稼動箇所が固定されることになります。

これが、足のつま先の踏ん張り力とバランス力を

より強く刺激することになり、力が発達します。

 

この動きに障害物をプラスします。

平均台の途中に縄やスリッパなどをおき、

カニ歩きで進みながら障害物をまたいでいきます。

障害物があることでよりバランス力が必要になり、

腹筋背筋が養われます。

 

この遊びは全身の筋力調整が身につく動きなので、

少しずつ難易度を上げながらたくさん遊びこんでみてください。