ヘッダー画像

運動あそびで子ども達の顔の怪我が減っています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもが転んで肘や膝をすりむいたりする程度の怪我は日常茶飯事ですが、

今の子ども達は顔の怪我がとても多くなっています。

これは、転んだ時に腕で体を支える力が弱くなっていることが原因です。

それだけでなく、体のバランスをとる能力も落ちているので

すぐに転んでしまう子も増えています。

 

日常生活の中でも、ぞうきんがけをしたりすることがなく、

外遊びで体を使うこともなくなってきているので

意図的に体を動かす機会を提供していくことが必要になっています。

子ども達が自主的に体を動かすことができるように、

楽しい遊びをたくさん提供していきましょう。

 

私達が提供している柳沢運動プログラムの中から

「クマ忍者の修業」をご紹介します。

マットを2枚用意し、真ん中に40cmほどの間を空けて

横に並べて置きます。

子どもはスタートラインからクマ歩きで進み、

マットとマットの間に入ったら両手はそこについたままで、

足だけでまずは右側のマットに跳び乗ります。

次は左のマットに両足でジャンプ。次は右のマットに両足ジャンプ。

というように横ジャンプを繰り返し行ないます。

 

顔が下を向いていたり、

腕で体を支える力が弱いと顔から床に落ちてしまうので、

クマ歩きや片足クマ歩きなどで力がついてから行ないます。

最初のうちは、右足が右のマット、左足は左のマットだけで

左右のジャンプの練習をしても良いです。

 

慣れてきたら、側転の動きに近づけるように

足を高く上げたり、大きく横に跳べるようなジャンプ、

指定したポイントに着地できるようなアレンジで

少しずつレベルアップを目指して遊んでいきます。

 

「忍者の修業」と称して1つずつクリアしていくような

遊び方もおすすめですよ。