ヘッダー画像

遊びこそが子どもの身体的・精神的・社会的な発達を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の子どもにとっては、「遊び」の場こそが

最大の学びの場になります。

特に友達との外遊びは、体と心と脳をバランス良く育ててくれ、

「生きる力」を身につけていくことにつながります。

 

遊びによって身に付く力の1つとして「危機回避能力」があります。

「ここからジャンプしたらどうなるかな?」

「ここに登ったらどうなるかな?」という体験がなければ、

大きくなってもそれがわからないので、

大怪我をしてしまったりします。

そうならないためにも、小さいうちからたくさんの経験が

できるように、大人側からも促していくことが必要ですね。

 

 

柳澤運動プログラムの「障害物綱渡り」をご紹介します。

床に大縄などの縄を置き、その上にぬいぐるみやコーンなどの

障害物を置いておきます。

障害物は万が一踏んでも怪我をしないような物にします。

 

子どもは、縄の上を落ちないように歩きながら、

障害物に当たらないようにまたいで進みます。

縄から落ちないように歩くことでバランス力や集中力が

養われますが、そこに障害物があることで空間認知力や、

さらに強いバランス力が必要になります。

 

障害物に意識がいく余り猫背になりがちですが、

腕が下がるとバランスがとりにくくなるので

できるだけ背すじを伸ばした姿勢を維持しましょう。

腹筋や背筋など姿勢作りに必要な筋力も育ちます。

 

障害物の数は段階的に増やし、種類も揃えておくと楽しめます。

フープを落とし穴に見立てるのも盛り上がるのでおすすめです。

子ども達の興味を引きつける設定を考えて遊んでみてください。