ヘッダー画像

「集中力」は幼児期に土台が養われ、伸ばすことができる力です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「集中力」は、私達が何をするのにも必要になる力で、

子どもにもしっかり身につけてもらいたい力です。

この集中力という力は、生まれ持った才能ではなく

後から育てていくことができる力です。

そして、幼児期にその土台作りがされるので

この時期の働きかけや関わりがとても大切になります。

 

柳澤運動プログラムでは、集中力を育てる遊びがたくさんあります。

その中から「ペアで積み木」をご紹介します。

友達と2人ペアになり、向かい合って体操座りのように

膝を立てて座り、両手は後ろ側についておきます。

 

2人の間には積み木を用意しておき、

真ん中に交互に積み木を積んでいきますが、

両足だけで積み木を挟んで持ち上げて行ないます。

積み木を挟む時は両足の親指の内側辺りを使います。

 

足だけで積み木を積むことで、手で行なう時よりも

遠くの位置になるので空間認知能力が高まり、

どの形の積み木をどう置けば崩れずに高く積めるか考えるので

イメージ力や考える力も養われます。

そして、2人で交互に行なうことで社会性やコミュニケーション力、

抑制力などの力もつきます。

 

腹筋や太ももの筋力が弱い子は高く積むことが難しいので、

横に長く並べたり、他の遊び方も考えながら

楽しく遊べるようにしていきましょう。