ヘッダー画像

幼児期の全身運動が子どもの全ての能力の発達を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期や児童期の全身を使った運動が、

子ども達の心身の健全な発達のために必要とされています。

体力や運動能力などの身体の成長のためだけではなく、

全身の筋肉を動かすことが脳に多くの刺激を与え、

前頭前野の活性を高めてくれます。

また、運動をすることで仲間との触れ合いの機会が増えるので

抑制力が身につき、感情や行動のコントロールもできるようになります。

 

0歳、1歳からたくさん体を動かして経験値を増やし、

体も脳も心も成長していけるように促しましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。

ホールの中に平均台、縄、コーン、マットをかけた鉄棒など

いろいろな物を使ってコースを作ります。

横向きで進むところ、後ろ向きで進むところ、

ジャンプして進むところ、くぐるところなどを作りましょう。

 

そして、そのジャングルの中をすり足で音を立てないように

静かに歩いていきます。

「見つからないように」「捕まらないように」静かに歩くという設定で、

動機付けができると共に、楽しさを誘います。

最初に指導者が見本を見せておくとイメージしやすくなります。

いつもと歩き方が変わることで使う筋肉も変わり、

バランス力が向上します。

 

コースは簡単すぎてもつまらないので、どんどんアレンジを加えたり、

同じコースでも両手を頭に乗せて歩いたり、

しゃがんだアヒル歩きで進んだりすることで

簡単にレベル調節ができます。

 

子ども達と一緒にコースを考えていくのも、自主性を高め、

よりやる気や集中力を高めながらできるのでおすすめです。