ヘッダー画像

家庭でのお手伝いには子どもを育てる要素が詰まっています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達は、昔に比べて家庭でのお手伝いの時間が減少しています。

塾や習い事が忙しくて時間がない。

便利な機器があるのでその必要がない。

いろいろな理由がありますが、お手伝いには子どもの育ちを促す

とても大切な要素がたくさんあります。

 

お手伝いをして褒められたり感謝されることで

やる気や達成感を感じ、自分の役割を認識したり自己肯定感も高まります。

また、相手の気持ちを思いやったり察する能力も育ちます。

そして、家事の中には段取りを考えて行なうものが多いので、

思考力も高まります。

 

忙しい毎日ですが、ちょっとした心がけで子ども達の

心や体、手先の器用さも育てていくことができるのです。

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムでは、

これらの能力をさらに高めるような運動あそびがそろっています。

その中から「大縄のポイント走りぬけ」をご紹介します。

まずは「大縄の走りぬけ」で、回っている大縄の中を

正面から一気に走り抜ける遊びをしておきます。

 

次に、この遊びでは自由に走り抜けるのではなく、

走り抜けるコースを指定します。
右から入って斜め左に抜けるコース、
直線に抜けるコース、左から入って斜め右に抜けるコースの3つです。

入り口と出口がわかりやすいように、

フープやコーンを置いて目印を作っておくのがおすすめです。

 

ただ走り抜けるだけの時は縄の位置だけ意識すれば良いですが、
コースが決まっていることで、

縄の動き+入り口と出口の位置にも意識を向けなければいけません。

 

繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、

2つのことに同時に意識を向ける力を育てていきましょう。