ヘッダー画像

子どもの考える力、問題解決力を遊びの中で育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に身につけて欲しい力は、学力や運動能力だけではありませんよね。

人と関わることや自分で考える力、問題解決していける力も

大人になるまでにしっかり身につけておいて欲しい力です。

 

最近は、作られたおもちゃが多かったり遊びが単純化していて、

子ども達が自分で考えて試行錯誤しながら何かを作ったり、

挑戦していくということが減ってしまっています。

子ども達の思考力、想像力や創造力、問題解決力も

日々の遊びの中でしっかりと身につけておきたいものです。

 

 

柳澤運動プログラムの「宝取りゲーム」をご紹介します。

子ども達を2つのチームに分け、真ん中に線を引いて陣地も分けます。

それぞれの陣地の中には「宝」(カップやぬいぐるみなど)を置き、

相手チームの宝を取って自分のチームに戻れたら勝ちです。

 

敵をつかまえて良いのは自分の陣地の中だけです。

つかまったら敵陣地の中の牢屋(マットなど)に入ります。

味方がタッチしてくれれば戻ることができます。

 

相手がどこに注意を向けているかや、どのコースを進めば

捕まらずに宝を取ることができるかなどを瞬時に判断しながら

動くことが必要になり、瞬発力や社会性が強く育ちます。

宝を取るだけでなく、捕まった味方も助けなければいけません。

味方同士で協力して役割分担をしながらできると良いですね。

 

1回目が終わったら、チームごとに作戦タイムを取り、

今のやり方がどうだったか、次はどうすればうまくいくかなどを

まずは子ども達だけで考えてみましょう。

指導者は答えを言ってしまわないように、

ヒントを与える時も2割程度のヒントにし、

できるだけ子ども達だけで答えを導きだせるようにしましょう。

 

こうした集団遊びで、子ども達の考える力、問題解決力、社会性

などをしっかりと育てていきましょう。