ヘッダー画像

発達が著しい幼児期に非日常的な動きを経験することが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳神経や体の発達が著しい、小学校に入学する前の幼児期に、

日常生活ではしないような多様な動きを経験しておくことが

子どものその後の成長においてとても重要です。

 

今の時代の子ども達は、生活の中でも車での移動が多かったり、

友達と遊びにいくことが少なかったり、

家でもお手伝いをすることが減っているので、

1日の運動量も足りず、お手伝いなどで身に付く手先の器用さなども

育ちにくく、なかなか経験値が上がっていきません。

 

運動あそびではそのような部分を補っていく役割もあります。

体を動かすことは、脳を動かすことにつながります。

ぜひ体も脳もたくさん使っていってほしいと思います。

 

 

柳澤運動プログラムの「反復カップタッチクマ」をご紹介します。

床に3本の線を引いて、その線をまたぎながら行なう、

クマさんでの反復横跳びをまずは練習しておきます。

それができたら、外側の線の両側に複数の色のカップを並べ、

反復横跳びのクマさんでカップをタッチしていきます。

タッチするのは、指定された色だけにします。

 

姿勢はクマさんですが、前に進むのではなく横への動きになるので、

いつもと違った筋肉を刺激することができます。

反復横跳びの動きは苦手としている子も多いので、

苦手な子には前で一緒に動いてあげるとやりやすくなります。

 

また、慣れるまではタッチするカップを1回1回目で確認して

動いていくと思いますが、慣れてきたらスタートの前に

全体を見渡して、タッチするカップの位置をだいたい把握し、

頭の中で地図を描いてからできると、

かなり速く進むことができるようになります。

そこまでいくのはなかなか難しいですが、

そんなところも目指してやってみてください。