ヘッダー画像

鉄棒に恐怖心を持たないために、0歳から逆さまになる経験をさせていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の時代は両親共働きの家庭が多く、赤ちゃんの時にも

抱っこされたり、抱っこ遊びのような経験をすることが少なくなっています。

赤ちゃんの時から抱っこで逆さまになる経験をしているかどうかは、

その後の運動能力などに大きく関わってきます。

 

例えば、逆さまになる経験をしたことがない子が

保育園や幼稚園で鉄棒遊びをしようとすると、

頭が下になった瞬間、今まで経験したことのない感覚に驚いて

反射的に手を離してしまいます。

手を離せば下に落ちたり、落ちそうになるという怖い経験をするので、

次にまたやろうとした時には体が緊張してこわばった状態になります。

 

体が緊張した状態ではロボットのように動きが硬くなるので、

体がまっすぐの状態で回ろうとしてしまい、

結果勢いよく回転してしまうので、また怖くて手を離してしまう。

という悪循環になってしまいます。

 

こうならないためにも、0歳1歳の頃からの逆さまになる遊びが

とても大切です。

 

 

柳澤運動プログラムの「コウモリ予測じゃんけん」をご紹介します。

子どもは鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリに変身します。

しっかりぶら下がれたら、手を離して指導者と予測じゃんけんをします。

「予測」なので、指導者は自分が出す手のヒントを伝え、

子どもはそれに勝つ手を考えて出します。

 

そうすることで、聞く力や考える力が自然と養われます。

逆さまの状態では、上下左右が逆転するだけでなく、

指導者の出す手も反対に見えます。

これをいつもと同じように捉えようとすることで、

より考える力や判断力などが必要になります。

 

逆さまになっても焦らず余裕を持っていられることが、

その後のいろいろな動きの上達にもつながります。

こうした遊びで、小さいうちからしっかりと逆さ感覚を

養っておくようにしましょう。