ヘッダー画像

体が硬いとデメリットしかありません。柔軟性を養う遊びを行いましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

体の硬い子ども達が増えています。

体の硬さは、体の歪みや怪我にもつながりやすいので、

子どものうちからいろいろな体の動かし方を経験して

柔軟性を養っておくことが大切です。

 

柳澤運動プログラムの柔軟性を養う遊び、

「カメさんゴロゴロ」をご紹介します。

床にうつ伏せになり、体を反らせて手で足首をつかみます。

まずはこのカメさんのポーズが維持できるようにします。

 

そして、カメさんのポーズをしている途中で

指導者が「ゴロゴロゴロ!」(カミナリの音)と言ったら、

足を離して床にうつ伏せになります。

音が止んだらまたカメさんに戻り、

カミナリが鳴ったらまたうつ伏せになる、ということを繰り返します。

 

音が鳴ったら素早く反応できるように、

指導者の声に耳を傾けることで相手に興味を持ち、

コミュニケーション力の発達につなげることができます。

聞く力や判断力をしっかり刺激できるように、

慣れてきたら「ゴロゴロゴロ」を「ゴリゴリゴリ」など

違う言葉にしてひっかけも入れながら遊んでみてください。

 

また、素早く行なうための動機付けとして、

カミナリ(指導者)は遅いカメさんを見つけたら

食べてしまうという設定にすると、

子ども達は一生懸命夢中になって遊んでくれます。

子ども達を引きつける工夫もしながら、

大人も楽しみながら遊んでみてください。