ヘッダー画像

運動と学習をうまく組み合わせることが子どもの成績を上げます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「運動」と「学習」はとても密接に関わっているので、

どちらかだけやっておけば良いということではなく、

うまく組み合わせていくことが結果として

両方の能力を上げることにつながります。

 

そこで、私達は学習などの静かな活動の前に

軽く運動あそびをすることをおすすめしています。

運動をすると、他のどんな活動よりも脳細胞が活発に働き、

子どもも大人も集中力が上がり、脳が学ぶ態勢になるのです。

 

 

 

子ども達に落ち着いて集中して取り組んで欲しい活動の前には、

運動あそびで体を動かしてみませんか。

 

 

柳澤運動プログラムの「だるまさんがころんだ」では、

いろいろな遊び方があります。

両足ジャンプのカンガルーで行なう「カンガルーがころんだ」や、

「だるまさんが手をつなぐ」で、鬼が振り向いた時には

近くの友達と手をつないでいなければいけないルール、

「だるまさんがクマになる」で瞬時にクマになるルールなど、

アレンジ次第でいろいろな遊び方ができます。

 

やり方を変えることで、その都度ルールを記憶して、

鬼の声のスピードに合わせて先を読みながら動かなければいけません。

特に「手をつなぐ」時は鬼が振り向くまでに

近くの友達を探しておかなければいけないので頭を使います。

 

そして、子ども達にルールを考えてもらうことも大切です。

子ども同士の話し合いで、自分の意見を言ったり人の意見を聞くこと、

意見をまとめていくことなどでコミュニケーション能力が育ちます。

できるだけ大人は口を挟まないように見守り、

問題解決力も養っていきましょう。

 

ぜひ、メルマガ登録で役立つ情報を手に入れてください。