ヘッダー画像

運動しながら脳を使うことで「海馬」が大きくなります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

記憶に関係する脳の部位である「海馬」は、

軽運動をすることで大きくなることがわかっています。

特に、心地よいと感じる程度の運動が効果的です。

子どもが継続的に運動をするためには

「遊び」であることが必要で、

より効果的な運動あそびがおすすめです。

 

柳澤運動プログラムの「カンガルー高鬼」をご紹介します。

鬼(大人)も子ども達も、両足をくっつけてジャンプする

カンガルーに変身して高鬼をします。

子どもは、鬼よりも高い位置に逃げればつかまりません。

 

逃げる時に、急ぐあまり足が離れてしまいがちなので、

足の間にハンカチなどを挟んでおくと良いです。

足を閉じたまま動くことで、抑制力が強く刺激されます。

 

鬼ごっこでは、社会性や先を読む力、空間認知能力など

たくさんの力を養うことができるので、

いろいろな遊び方にアレンジしてやってみてください。

 

他にも子ども達の発達を促す情報を、

メルマガ登録して頂くことで受け取ることができます。