ヘッダー画像

子どもの腹筋が育っているかをチェックする方法。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「腹筋」は体幹筋肉であり、日常生活でも運動の場面でも

常に必要になる重要な部分です。

この腹筋が幼児期からある程度備わっていないと、

椅子にじっと座っていられなかったり、

まっすぐ立っていられなかったり、

ジャンプ遊びでも両足を揃えたジャンプができません。

 

腹筋が身についているかどうかをチェックする方法は、

鉄棒にぶら下がった時に、足を持ち上げることができるかどうかを見ます。

両足を持ち上げることができれば、腹筋が育っています。

腹筋が育っていない子は、3歳児でも足を持ち上げることができません。

 

腹筋をしっかり育てるには、筋トレではなく

ジャンプ遊びが効果的なので、生活の中にたくさん取り入れてください。

 

 

柳澤運動プログラムの「イメージカンガルーカップタッチ」を

ご紹介します。

複数の色のカップを床にランダムに配置します。

子どもは両足をくっつけたカンガルージャンプで

指導者に指示された色のカップをしゃがんでタッチしていきます。

 

色の指示は「赤」ではなく「りんご」や「郵便ポスト」など

他の物に変えて表現します。

そこで、イメージ力や判断力が必要になる遊びです。

「りんごは赤だから、、」と考える時に脳の前頭前野が活発に

働くので、徐々に素早い判断ができるように練習しましょう。

 

また、しゃがんでタッチすることではスクワットのような

動きになるので、下半身の筋力アップも目指せます。

 

私達の脳は、楽しいことや好きな活動をしている時、

体を動かしている時に集中力が増します。

運動あそびで、子ども達の能力、脳力アップを目指しましょう。