ヘッダー画像

子どもの手先の器用さを育てるには、まず粗大運動の獲得が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

乳幼児の体の発達は、中枢から末端に向かって段階的に発達していきます。

そのため、最初からいきなり手先を器用に動かすような動作を

身につけられるわけではありません。

例えば、服のボタンを留めたり、箸を上手に使ったり、

鉛筆を持って字や絵をかくような微細運動を獲得するためには、

その前段階で腕で体を支えたり、ぎゅっと力を入れるような動作を

習得しておく必要があります。

 

子どもの手先の器用さを育てるためにいきなり細かなものを

やらせるのではなく、まずは大きな力を発揮できるようにしてから

というように、ステップを踏んで発達を促しましょう。

 

 

柳澤運動プログラムから、年少さんにおすすめの遊びで

「トンネルくぐり」をご紹介します。

友達とペアになり、1人が足を開いて立ち、トンネルを作ります。

もう1人はその足の間をワニさん歩きで潜り抜けます。

 

トンネルの足に当たらないように進むことで、

空間認知力が養われます。

また、ワニ歩きでは鉄棒に必要な腕の引きつける力、

股関節を大きく開くことで内股防止になり、

地面を蹴るための足の親指の力も育てることができます。

 

ペアの相手が大人であれば、トンネルを四つんばいのクマや

ブリッジなどに変化させることが容易なので、

親子遊びとしてもおすすめです。

 

アレンジとして、じゃんけんをして負けた方がくぐり、

くぐった後にペアの友達の後ろにくっついて、

近くのペアとまたじゃんけんをして、

負けた方がトンネルをくぐってまた後ろについて

どんどんつながっていくような遊びもとても楽しめます。

 

 

子ども達が楽しく遊べる運動あそびのアイデアは、

メルマガ登録をしていただくと受け取ることができます。