ヘッダー画像

運動あそびでは1つの競技に特化した動きではなく総合的に子どもの発達を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「運動」は、日常生活のあらゆるところに存在しています。

例えば食事や歯磨き、衣服の着脱、靴ひもを結ぶことや、

学校の教科で考えても、図工、音楽などほとんどのことが

運動と関連しています。

 

 

「習い事で週に3回体を動かしているから大丈夫」と

思われる方がいるかもしれませんが、

子どもの発達には1つの技術に特化して伸ばすことよりも、

いろいろな体の使い方を経験して、

総合的に伸ばしていくことが大切なのです。

 

私達の提供する運動あそびでは、数、大きさや形、位置の認識、

判断力、語彙力、イメージ力、リズム感、タイミング力、社会性など

様々な要素を含んでいるので、幼児期の子ども達に最適です。

 

 

柳澤運動プログラムの「リズムに合わせてグーパー」をご紹介します。

2本の縄を使って線路を作り、

線の中は両手と両足を閉じるグーで、

線の外側は両手両足を大きく広げるパーにして、

これを繰り返しながら跳んでいきます。

 

指導者は掛け声などでリズムをとり、そのリズムに合わせて

子ども達はグーパー跳びをしていきます。

つい子どものリズムに先生が合わせてしまいがちですが、

子どもが先生のリズムに合わせるようにすることがポイントです。

人のリズムで動くのは意外と難しいので、

ゆっくりなリズムから始めていきましょう。

 

この遊びでは、手足の動きをコントロールする力、

リズムに合わせて動く力、集中を維持する力などが養われ、

これらの力を統合する前頭前野が活発に動くことで

脳が活性化するので、繰り返し行なっていくことがとても大切です。