ヘッダー画像

子ども達が無条件で楽しめる遊びで身体能力を上げていくことができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

姿勢の悪い子ども達が増えているという声をよく聞きますが、

元々私達の体は、背中が曲がりやすい構造になっています。

背すじを伸ばした良い姿勢でいるためには、

腹筋や背筋といった体幹の筋力を育てる必要があります。

 

子ども達の筋力を育てるには、筋トレではなく「遊び」の中で

力をつけていけるようにすることが最も効果的です。

 

柳澤運動プログラムの中で、子ども達の背筋を育てる遊びの

「足引き飛行機」という遊びをご紹介します。

子どもはうつ伏せになり、顎を上げて腕を飛行機のように

横にまっすぐ伸ばしておきます。

指導者は子どもの足を持って、後ろへ引っ張っていきます。

 

子どもは顎を守るために必死で首を持ち上げるので、

首の筋肉から背筋へ刺激が伝わり、背筋が伸びます。

そして、腕を広げてあげることでより効果が上がります。

 

また、足が伸びた状態なので、全身に均等に力を入れなければ

上半身を起こすことができません。

全身の調整力が身につき、背筋もしっかり養われる遊びです。

 

何よりも、子ども達が無条件で楽しむことができるのが

私達の運動あそびのポイントです。

大人が体を動かすことの楽しさを伝えていき、

子ども達が自然に運動を好きになれるようにしていきたいですね。

 

 

楽しい運動あそびや指導のポイントが紹介されている指導案は、

メルマガ登録をして頂くとお届けすることができます。