ヘッダー画像

ジャンプ遊びで体幹を鍛えると体力テストの結果が向上します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の中で、まっすぐ走ることが苦手だったり、

バタバタと走ってしまう子は体幹の筋力が弱いかもしれません。

体幹の弱さは姿勢の悪さにつながり、

そこから集中力の低下、学習効率の低下にもつながってしまうので、

しっかりとした体幹の力を育てていくことが必要です。

 

効果的に体幹の筋力を育てるためには、「ジャンプ遊び」がおすすめです。

小学校の体力テストにある、シャトルランや50メートル走、

反復横跳びなどの項目は、ジャンプ遊びを取り入れることで

グンと成績が上がってきます。

ぜひ、日常の中でのジャンプの機会を増やしてみてください。

 

柳澤運動プログラムの中で、年長さんにおすすめのジャンプ遊び、

「両手でハイタッチ」をご紹介します。

大人と子どもが1対1で向かい合います。

大人は両方の手のひらを子どもに向けて出し、

ハイタッチしてもらいます。

 

左右の手の高さを変えることで高さに対しての空間認知力が高まるので、

手の高さを変えながら、リズム良く手を出して遊びましょう。

 

このようなジャンプ遊びは運動の時間に限らず、

日常のちょっとしたところに取り入れることができるので、

1日に1回でも2回でも良いので取り入れていくようにすると、

1年後の子ども達の姿には大きな差が出てきます。

ぜひいろいろなジャンプ遊びを取り入れてみてください。

 

 

下記のボタンからメルマガ登録していただくと、

イラスト入りの指導案を定期的にお届けすることができます。