ヘッダー画像

「聞く力」が備わっているかが対人関係や学習にも大きく影響してきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「コミュニケーション能力」というと、「話す力」をイメージすることが

多いように感じますが、まずは「聞く力」を身につけることが必要で、

聞く力が備わることで必然的に話す力も上達します。

 

最近は人の話を聞くのが苦手な子ども達がたくさんいますが、

人の話が聞けないということは、

「相手が何を伝えたいのかを読み取ることができない」ことなので、

コミュニケーションが上達しません。

コミュニケーションの基礎である「聞く力」を、

小さい時から育てていくためには、やはり「遊び」の中で

育てていくことが最も効果的な方法です。

 

柳澤運動プログラムの中から「合図で逃げる」遊びをご紹介します。

まず、少し離れたところに1箇所、逃げる場所を設置しておきます。

縄で囲った場所でもマットの上でも良いですが、

窓や衝突するような物がない場所を選んでください。

 

そして、子ども達は合図があったら一斉にその場所に走って逃げます。

合図は事前に子ども達と決めておきます。

「よーい、どん!」「鬼がきたぞー!」などの言葉や、

手を1回たたいたら。笛が鳴ったら。などでOKです。

 

慣れてきたら、少し頭を使って判断することができるように

「よーい、どん!」を「よーい、バン!」

「1,2,3!」を「1,2、サンタ!」にしたり、

簡単なひっかけを入れてみると、

脳の前頭前野を使って遊ぶことができます。

 

アレンジ次第でいろいろな遊び方に変化させることができるので、

子ども達と一緒に楽しい遊び方を考えて遊んでみてください。