ヘッダー画像

0歳児には大人側から様々な動きを体験させてあげましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の心・体・脳をより良く育てていくためには、

その年齢や発達段階に応じた動きを提供することが大切です。

子どもによって個人差があるので、必ずしも年齢だけではありませんが、

目安として下記のようなことを頭に入れておいて

子ども達と関わって頂くと、また少し違ってくると思います。

 

0歳→ 前後、左右、上下の姿勢変化に対応する力

1歳→ 大人に興味を持つこと

2歳→ 逆さ感覚、バランス感覚、ジャンプ

3歳→ 腕で体を支える支持力

4歳→ 上半身と下半身の連動性を高める

5歳→ それまで培ってきた基礎力を使ってルールのある集団あそび

 

0歳の頃はまだ自分では限られた動きしかできませんが、

脳は急速に育っているので、感覚受容器といわれる

三半規管への刺激はとても重要です。

ぜひ大人側からの働きかけで、体や姿勢の変化を

 

体験させてあげてください。

 

まずは抱っこして目線を合わせながら、赤ちゃんの体を

前後・左右・上下に動かしてあそびましょう。

そうすることで子どもは体の安定感が増し、

身体周辺感覚が広がるので、周りのいろいろな物に

興味を持てるようになってきます。

 

生まれたときから体を動かすのが嫌いな赤ちゃんはいません。

ぜひ、0歳児からの感覚遊びをたくさん取り入れてみてください。

 

 

子ども達の心・体・脳の発達を促す運動プログラムは

下記からメルマガ登録して頂くと、お届けすることができます。