ヘッダー画像

小学校入学前に跳び箱が跳べるように、段階を踏んだ練習が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

跳び箱を跳び越す動きは意外と複雑で、

走ってきて足を揃えて踏み切ると同時に足を大きく開き、

手をついたままジャンプして跳び越し、

また足を閉じて着地するという流れになります。

 

子ども達の姿でよくあるのは、

踏み切りと同時に手が跳び箱から離れて、

手足同時にジャンプしてしまう跳び方です。

これは、上半身は手をついているために下に力を向けているのに、

下半身はジャンプで上にいこうとするので、

この2つの異なる動きを別々に行なうことができず、

どうしても一緒に動いてしまうためです。

 

特に3歳児では、まだ手足同時に跳んでしまう子が多いので、

「ウシガエル」の動きを日ごろからしっかりと行うことが大切です。

 

柳澤運動プログラムの「ウシガエルの跳び乗り」をご紹介します。

まずウシガエルの動きは、足を開いてしゃがんだら両手は中につき、

手をついてから足ジャンプというように、

手→足→手→足の順番に前に出して進んでいく動きです。

前のめりに倒れないように肘を伸ばして腕に力を入れ、

顔は前を向いて行なうようにしましょう。

 

このウシガエルで跳び箱の前まで進んでいきます。

そして、跳び箱の上に手をつき、足を開いてジャンプし

跳び箱の上に跳び乗ります。

足をしっかり開いて、両手の外側に足が来るようにしましょう。

 

この遊びは、まずはウシガエルの動きをしっかりやって、

腕の支持力や手をついてから足をジャンプするということを覚えてから

取り入れるようにし、段階を踏んで安全に遊ぶようにしてください。

 

跳び箱は、できれば小学校入学前に3~5段が跳べるようにしておきたいですね。

苦手な子も1つずつ力をつけ、成功体験を積んでいくことで

いつの間にか跳べるようになります。

そのために効果的な遊びは、メルマガ登録で入手することができます。