ヘッダー画像

跳躍力の発達には上半身と下半身が連動したジャンプを段階的に習得していくことが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の発達の中で、ジャンプ遊びを取り入れることはとても重要です。

2歳頃からジャンプ遊びを始め、段階を追って少しずつレベルアップしていき、

大縄跳びや短縄跳びの上達も目指していきましょう。

 

まず、2歳では前方向への跳び下りのジャンプ。

腕を振って前後にジャンプするのは3歳頃から行い、

3歳中盤には少し高さのある障害物を跳び越える遊びにも挑戦しましょう。

それができたら、足音のしない膝の収縮を使ったジャンプで

やわらかい安定したジャンプを目指しましょう。

次は、左右ジグザグのジャンプにも挑戦します。

4歳になったら、同じ位置で連続して跳ぶことを習得しましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

子どもの膝くらいの高さにゴム紐を張って、障害物を作ります。

それを罠に見立てて、「罠が仕掛けてあるよ。忍者になって

敵に見つからないように静かに跳び越えようね!」と伝えます。

そして、両足をそろえたカンガルージャンプで縄を跳び越えます。

 

音がしない静かな着地になるように、腕を振って膝のクッションから

足の指先を踏ん張るようにしましょう。

「敵に見つからないように」という設定が、

静かなジャンプへの強い動機付けにもなります。

 

罠の高さが膝の高さまであることで、跳躍力や空間認知力が養われます。

そして、静かな着地を目指すことで膝を使った全身のクッションを活かした

柔らかいジャンプができてきます。

少しずつ難易度を上げていき、成功体験や達成感をたくさん感じながら

できるように練習していきましょう。

 

 

子ども達が楽しくできる遊びが豊富な柳澤運動プログラムの指導案は、

メルマガ登録をするだけで受け取ることができます。