ヘッダー画像

クマ歩きをしてきたかどうかが後の身体能力に影響します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

柳澤運動プログラムの中の基本の動き「クマ歩き」は、

小学校のテストでもある程、子どもの発達に必要な動きです。

育つのは主に「腕の支持力」ですが、

「手と足の連動性」も養われていきます。

 

そのため、日ごろからクマ歩きをしている3歳児と

やっていない5歳児では、日ごろからやっている3歳児の方が

しっかり腕で体を支え、手足をスムーズに動かして進むことができます。

やっていない5歳児は支える力も弱く、

手と足の動きが連動しないのでぎこちなくしか動けません。

 

ぜひ小さいうちから体を動かし、基礎的な力を養っていきましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「カップタッチクマ」をご紹介します。

まずクマさんは、ハイハイの姿勢から膝とお尻を上げて

両手と両足で歩く動きです。

このクマ歩きで進みながら、床に並べてあるカップをタッチしていきます。

 

1回目は好きな色にタッチしていき、2回目からは色を指定します。

「赤と黄色だけ」「赤と青以外」「りんごの色だけ」

「赤→黄色→青の順番に」「バナナの色は触ってはダメ」など

いろいろな指示の仕方で、語彙力や記憶力、イメージ力、判断力などを

養えるようにして遊んでいきましょう。

 

子ども達の興味を惹きつける導入として、

楽しいストーリー設定もおすすめです。

「クマさんが森を散歩していたら、果物を見つけたよ。

タッチして収穫しながら行こうね。」などの展開で、

子どもがやってみたくなるような導入をすることも大切です。

 

子ども達を惹きつけるアイデアがたくさんの

イラスト指導案は、こちらからメルマガ登録で入手することができます。