ヘッダー画像

体がふにゃふにゃしている子、まっすぐ走れない子にはジャンプ遊びがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

普段子ども達を見ていて、体がいつもふにゃふにゃしていたり、

椅子に座った時も背中が丸まって背もたれにもたれかかっていたり、

まっすぐ走ることができない、といった子ども達にはジャンプ遊びがおすすめです。

ジャンプ遊びによって足や体幹が鍛えられ、

体のバランスをとったり、踏ん張る力が身につきます。

 

柳澤運動プログラムの「エアー大縄跳び」をご紹介します。

通常の大縄跳びでは、全員が同じだけ跳ぶことは難しいですが、

エアー大縄跳びでは全員が同じだけ跳べるので、運動量も稼ぐことができます。

 

まず、子ども達は縄から離れた位置に、縄の方を向いて横に並びます。

指導者は大縄をいつも通りに回します。

子ども達は、縄は実際には足元にはきませんが、

縄を跳び越すようにタイミングを合わせて跳びます。

 

この方法だと誰も縄に引っ掛からないので、長く跳び続けることができます。

そして、いつも引っ掛かって責められてしまう子にとっても

安心して練習できる遊びです。

慣れてきたら、実際に大縄を跳ぶ時のように体を横向きにして跳んでみましょう。

 

メルマガ登録で子ども達の興味を引き付ける楽しい遊びを

たくさん受け取ることができます。