ヘッダー画像

子どもが自然に動きたくなる遊びで日中の運動量を増やし、生活リズムを整えましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の時代の子ども達は、学校が終わった後も塾や習い事があったり、

ゲームをしている時間が長い、遊び場が少ないなどの理由で

運動不足な子が多くなっています。

また、家庭でもお手伝いをする機会が減っているので、

生活に必要な動作さえも身に付いていないことがよくあります。

 

運動不足になると食欲がわかず、夜の寝つきは悪くなるので

朝もすっきり起きられない、日中もボーっとして集中力が低下する、

といった悪循環が生じます。

成長期の子どもにとってこれはとても良くないことなので、

日中しっかり体を動かして、生活リズムを整えなければいけません。

 

子どもが運動をするということは「遊ぶ」ということです。

自主的に体を動かすことができる楽しい「運動あそび」で健康な体作りをしていきましょう。

 

 

柳澤運動プログラムの「手押し車じゃんけん」をご紹介します。

子ども達はペアになり、手押し車になります。

この時、体格や運動能力が同じくらいの子同士でペアになるようにします。

前の子は床に両手をついて、片方の足を上げて準備します。

後ろの子は、前の子の膝か太もものあたりをしっかり持ち、

2人で息を合わせて歩いていきます。

 

前の子は体が反ってしまうとつぶれやすいだけでなく

後ろの子が足を落としやすくなるので、

体をまっすぐにしてお尻を上げるイメージで姿勢を維持しましょう。

後ろの子は、自分のペースで歩くことなく、

前の子のペースに合わせて歩くことを意識しましょう。

 

これでホールの中を自由に動き回り、途中で指導者が合図を出します。

合図があったら動きを止め、一番近くにいるお友達とじゃんけんをします。

手押し車の姿勢で片方の手だけを上げてじゃんけんをするので、

腕で体を支える支持力や、体のバランスを取る腹筋背筋が育ちます。

慣れてきたら、じゃんけんの後に「あっちむいてホイ」までやってみましょう。

じゃんけんやあっちむいてホイで、相手とタイミングを合わせる

社会性の力も養われます。

 

この「社会性」も子ども達は遊びの中で身につけていくもので、

柳澤プログラムではとても重要視しています。

 

メルマガ登録をして頂くと、さらに保育力を向上させる情報を入手することができますよ。