ヘッダー画像

幼児期は特定の運動ではなく多様な動きを経験することが重要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の運動能力は、二極化が進んでいます。

スポーツクラブや習い事などで週に何日も練習をしている子、

まったくやっていない子ではやはり体力や持久力、筋力で差が出ます。

しかし、幼児期の運動は特定の運動だけをやっていくのではなく、

多種多様な動きが体験できる「運動あそび」が最も適しています。

いろいろな体の動かし方、感覚を遊びながら身につけていきましょう。

 

柳澤運動プログラムの「両足サルキック」をご紹介します。

鉄棒の逆上がりにつなげるための遊びです。

まずは鉄棒に捕まってぶら下がりますが、
脇を締めて、腕を曲げた状態でぶら下がれるようにしておきましょう。

脇を締める意識付けをするためには、

脇に「魔法のノリ」を塗ってあげるのもおすすです。

実際は何も塗りませんが、「先生が魔法のノリを塗ってあげるね

と言って脇を触ってあげると子どもも意識がしやすくなります。


ぶら下がったら、鉄棒の前に目標物を出しておき、
子どもは両足をそろえて目標物をキックします。

キックする時はしっかり足を伸ばして揃え、
足の指先に力を入れて指先からキックするようにします。

 

両足をくっつけて動かすことで下半身が一体化するので、
力に伝達がスムーズになり、身体地図を広げることもできます。
また、足を閉じることで足の内側の筋力が発達します。
これは、椅子に足を閉じて座るために必要な筋力なので、

日ごろから刺激して育てておくことで、

良い座り姿勢を保つこともできるようになってきますよ。