ヘッダー画像

2歳児のジャンプ遊びの方法をご紹介します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は、個人差はありますが1歳半から2歳頃になると

 

ジャンプ遊びもできるようになります。

 

体を動かすのが大好きな時期なので、できるだけ体を思い切り動かせるような

機会を作ってあげることも大切です。

 

2歳でのジャンプ遊びは、まだ跳び上がることはうまくできないので、

跳び下りる動きができるように遊んでいきましょう。

 

まず、子どもは10~15センチ程の高さの上に乗ります。

大人は子どもと向かい合って立ち、手のひらを子どもに向けて出し、

親指を握ってもらいます。

そしたら子どもの手を包むように握り、

「1、2の・・」で1度膝を曲げてしゃがませます。

そして「3!」でジャンプさせるようにすると、

不思議と足を閉じた上手なジャンプができてきます。

これを続けていくと体幹が強くなってきて、

足を閉じた両足ジャンプができるようになります。

 

私たちは、立っていると時に親指に重心をおいて立つと

バランスが良くなりますが、その力を養うためにも裸足で行なってください。

寒い時期は大変ですが、運動あそびは裸足で行なうことをおすすめしています。

無理のない範囲で良いので、ぜひ靴と靴下を脱いで遊んでみてください。