ヘッダー画像

鉄棒が怖くてやりたがらない子へのアプローチ方法。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

鉄棒に乗った時に、まだ高所感覚や逆さ感覚が身に付いていない子は、

怖くて体がこわばってしまいます。

緊張した状態では私たちの体は伸筋が伸びるので、

ロボットのような動きになります。

その状態で前回りをしようとしても、さらに怖くなってしまうだけで、

なかなかできるようにはなりません。

 

そこで、無理にやらせるのではなく、怖い原因を取り除きながら練習します。

1番怖いのは、体が宙に浮いた不安定な状態なので、

まずは足が下についた状態から始めていきます。

鉄棒の下の巧技台を置いて、その上に子どもを立たせたら、

鉄棒が子どもの腰骨の辺りに当たるようにします。

その状態で、おじぎをするように頭を下の方に下げていき、

おでこを膝にくっつけるように伝えます。

 

足がついた状態でおでこと膝をくっつけるのは難しいので、

あと少しでくっつくところまできたら、

子どもの足を少し押して台から離してあげましょう。

そうすると、おでことくっつけることができると思います。

 

この姿勢では鉄棒を体でしっかり挟めているので、

そこから足を浮かせても怖くありません。

そしたら後は回るだけなので、先生が回してあげるようにします。

この練習を数日間続けると、ほとんどの子が克服できます。

 

この怖さは、小さいうちに克服しておくことがとても大切で、

大きくなってからだと、克服するのに時間も手間もストレスもかかります。

ぜひ、保育園や幼稚園の小さいうちに

高所感覚や逆さまの感覚をたくさん体験し、慣れておいて欲しいと思います。