ヘッダー画像

子どもの興味を引く遊びで、自然と学び取る力を高めていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は日々の遊びの中で、生きていくために必要な様々な力を吸収していきます。

創造力や想像力、コミュニケーション能力などの社会に適合する力や、

体を動かすことで体力や運動機能などを身に付けていきます。

しかし、現代の子ども達は自由に外で遊んだり、

友達と集団で遊ぶことが減っているので、

幼児期に身につけるべき力が育ちにくくなっています。

柳澤プログラムでは、今の子ども達に運動あそびを通して

生きる力を身に付けていけるようにお手伝いをしています。

 

柳澤運動プログラムの「つなわたり」をご紹介します。

1本の縄を床にまっすぐに置き、その上をつなわたりのように渡っていきます。

足の指先に力を入れることが大事なので、裸足で行なうようにします。
ゆっくりで良いので、縄から落ちないように進めることを大事にしましょう。
途中でフラフラしてしまう子には、足元ばかりではなく
少し前の方を見るように伝えてあげると安定しやすくなります。

 

慣れてきたら直線コースだけでなく、ジグザグコースや

途中で障害物をまたぐコース、積み木を拾いながら進むコースなど

いろいろなコースにチャレンジしていき、
バランス力や指先の踏ん張り力を強く養い、
集中力や先を読む力も身に付けていきましょう。

 

 

慣れてくるとふざけてしまったり、落ちることに慣れてしまうことがあるので、

「縄の下は川だから、落ちるとワニさんに食べられちゃうよ!」といって、

指導者がワニになって待ち構えていたりすると、

縄から落ちないように意識することができるので、おすすめです。